●スポンサードリンク●

2014年04月08日

腰痛のためワーキングチェア「コンテッサ」を買いました!

本当はエルゴヒューマンを買いに行ったのですが・・・・・・。

最近腰が痛い。

立てなくなるようなことはないが、
常に「じ〜ん」と軽い痛みを感じながら生活をしている。

それでたまに腰を反らせると、
「痛たたたたぁ〜」
といった感じ。

原因としては運動不足が気になる。
しかし、何よりライターになって丸7年が過ぎ、
その間ほとんど座りっぱなしだったことが大きいだろう。

これは早急に手を打たねば、
週末の楽しみであるサーフィンができなくなってしまうのではないか?がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

アウアウしながら嫁に相談すると、

「あんた、座り方が悪いんだよ。
いつもふんぞり返って、背もたれに腰が着いてないじゃん」

たしかに資料を読むときなどは、
知らず知らずのうちにふんぞり返ってしまう癖がある。
それで気づくと、
「あ痛たたたぁ〜ふらふら
だ。

使用していたイスは、
脱サラ前だったから8年ほど前にイトーヨーカドーで購入した小学生用のもの。
たしか3980円くらいだった。
こんな感じ↓

1.jpg


これでは腰にいいはずはない。

「だったらふんぞり返る気にならないくらい、
座り心地のいいイス買っていい?」

ということで交渉を開始し、
5分後に了解を得た。

狙うはエルゴヒューマン。
4・5年前に幕張の大塚家具で偶然見かけ、
「あの有名なアーロンチェアと同等の性能で、
価格は半額近いですよぴかぴか(新しい)
とオススメされていたのだ。

あらためて調べると、
最近はフットレストが付いた、
エルゴヒューマンプロ オットマン
というモデルがあるらしい。

昼食後についついウトウトしてしまう私にはぴったりだ。


いくらアーロンチェアより安いとはいえ、
価格は8万9800円(2014年3月当時)。
*大塚はネットも含め最安値をうたっている。

1度しか見ていない高額商品を、
通販で買う勇気はない。

そこで有明の大塚家具に行ってみた。

同店ならではの営業担当とマンツーマン方式で、
ワーキングチェアフロアに行ってみると目目目

1−1.jpg

あるわあるわ、高級ワーキングチェアの数々わーい(嬉しい顔)
まずはベンチマークとなるアーロンチェアに腰かけてみた。

腰に背もたれが当たり、いい感じ。
特に問題はない。
だが、価格は13万9800円。
高すぎだ。
*こちらはポイント分を含めれば楽天の方が安いかも。

"よしよし、この感触を忘れないうちに"
と、次に本命を指名した。

「エルゴヒューマンプロを見せてください。
オットマン付きの」

すると営業担当の顔色がなんとなく変化したようだった。

そんなことは気にせず座ってみる。

3.jpg

う〜ん。ちょっとアーロンよりも座面が柔らかいか。
肝心のオットマンに足を乗せてみて、
背もたれを思いっきり寝かせてみる。

ここ、これは気持ちいい〜!わーい(嬉しい顔)
ウトウトどころかぐっすりと寝てしまいそうだ。

しかし、相変わらず営業担当は浮かない表情。
”さては、高額なアーロンチェアを売りたいのだな”
と、正直な意見を聞いてみた。


「エルゴヒューマンはおすすめできないんですか?」

営業担当
「お客さんはアーロンチェアを見にきたんですよね?
アーロンとエルゴではランクが違いますよ」


「エルゴヒューマンの方がお買い得ということじゃないんですか?」

営業担当
「エルゴはアーロンをマネてつくっていますが、
まだまだ追いついていません。
お客さんはイスに何を求めますか?」


「腰痛防止です」

営業担当
「ならばもう一度アーロンに座ってみてください」

座る。

営業担当
「アーロンは背もたれを前かがみにする設定ができるんです。
だから腰にぴったりくっついて疲れません。
前かがみでも座り心地は悪くありませんよね?
次にエルゴに座ってみてください」

座る。

営業担当
「エルゴの背もたれは前かがみになりません。
だから背中と背もたれの空間が大きくなって疲れやすいんです」

座り比べた結果は、
残念ながらその通りふらふら
下の写真の背中と背もたれの間の三角形を見比べてもらえれば、
いかにアーロンチェアが腰にくっついているかが分かる。

アーロンチェア↓
5.jpg

エルゴヒューマンプロ↓
4.jpg

この事実を知ってしまったら、
エルゴヒューマンを買う気が後退してしまった


でも予算が・・・・・・。

さらに重大な問題があった。
それは、
ヘッドレストパンチ

前述したが私は仕事中たびたびウトウトする。
百歩譲ってオットマンはあきらめるが、
ヘッドレストだけはどうしても欲しい。

しかし、アーロンチェアにはオプションでも、
ヘッドレストがないのだ。

社外品では出ているらしいが、
せっかく高級品を買うのに、
一部だけどこの馬の骨だか分からないものが付いているのか嫌だ。


「腰痛持ちですが、
ヘッドレストがどうしても欲しいのです。
どうすればいいですかexclamation&question

そこで彼の表情が幾分明るくなった。

営業担当
「ならばコンテッサはいかがですか?
背もたれは前かがみになりませんが、
腰の部分にランバーサポートが付いているので、
フィット感はいいはずです。
それに大型のヘッドレストが付いたタイプも選べますよ」


価格は13万6600円。
*楽天の方が安いかも。

かなり予算オーバーだが、
念のため座ってみる。


7.jpg

アーロンチェアにはわずかに及ばないが、
エルゴより明らかに腰にフィットする。

なによりヘッドレストが大きくていい〜わーい(嬉しい顔)


それにデザインが、あの、
ジウジアーロ
だというではないか。
ジウジアーロといえば、
・いすゞ117クーペ
・マセラティー メラク・クワトロポルテ
・デローリアン
といった名車をデザインしたお方。
日本製品質&イタリアンデザイン
まさに鬼に金棒だ。

とはいえ、予算オーバー。

その後一時間以上にわたって、
10種類以上のイスに腰掛けたが、
腰にフィットしなかったり、
ヘッドレストがなかったりで、
にっちもさっちもいかない状態になってしまった。

営業担当は10分ほど前から空を眺めるように、
遠くを見ている。

ダメ元で再度エルゴヒューマンに座ってみる。

”あ〜、寝そべるには最高のイスなのになぁ”

と、背もたれを寝かそうとしたときに衝撃の事実がexclamation×2がく〜(落胆した顔)



背もたれが硬すぎてなかなか倒れないのだ。


8.jpg
↑背もたれを倒そうと足がプルプルしているのが分かるかな?

”う〜ん、う〜ん”
と、苦しんでいると営業担当が来てくれて、
より少ない力でリクライニングできるように調節してくれた。

寝転んで”ふぅ〜”と一息。

そして背もたれを起こそうとしたときに、
再度衝撃の事実がexclamation×2がく〜(落胆した顔)





リクライニングを柔らかくすると自動で背もたれが立ってくれないのだ。


つまり、座ったまま腹筋で体を起こし、
後ろに手を回して”よっこいしょ”と背もたれを持ち上げないと、
戻ってこない。
このようなことはアーロンチェアもコンテッサもない。

これでエルゴヒューマンを買う確率はゼロに。

そして天の声が。





「いいからコンテッサ買っちゃいなよ」

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)キスマーク

それから約1か月後。
(注文生産らしい)
やっと我が家に来ましたコンテッサ。

9.jpg

これでバリバリ(ゴロゴロ)仕事するぞ!
posted by zenta at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワーキングチェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●

効果的な通貨ペア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。