●スポンサードリンク●

2013年09月16日

防水デジカメ比較! パナVSソニー 結露しないのはどっちだ!?

防水カメラに結露をつきもの??

川遊びが大好きだ。

7.jpg

川は透明なほど、そして深いほどいい。

12.jpg

そんな楽しい思い出の記録に防水デジカメは必須。
旅から帰るとその日のうちにテレビでスライドショーを楽しんでいる。

愛機はパナソニックのFT1。

P1040579.JPG

水深3m防水。
さらにAVCHD形式で動画が撮れるのがいい。
AVCHDなら自宅のBDレコーダー「ディーガ」のSDカードスロットに入れるだけで再生可能。
他の形式のようにカメラ本体とテレビをケーブルとつなぐといった面倒なことをしなくていい。

しかし、問題が。

P1040107.jpg

P1040114.jpg

レンズがむちゃくちゃ結露するのだ。
せっかくの絶景が台無し。

どうにかならないものかとパナソニックに電話をしたところ、
「使用直前までバッテリーとSDカードを抜いた状態で蓋を開け、
シリカゲルを入ったビニール袋の中に入れてください。
カメラの中の湿気がなくなるはずです」

とのこと。

やってみたが結果はイマイチ。
真夏の気温30℃から清流の冷たい水につけるのだから無理もないのか。

でもあきらめきれない、と最新機種のFT5を調べると、
「結露を防ぐ二重レンズカバーを採用」
とある。

これだ!
と思ったものの約3万円は予算オーバー。

一つ前の機種「FT4」なら約半額。
しかし二重ガラスではないので意味がない。

そこでふと考えた。

「ソニーはどうなのよ?」

防水デジカメで動画形式がAVCHDなのは、
パナソニックとソニーしかない。
残る選択肢はソニーのみだ。
早速ソニーに電話して結露の有無を確かめた。

「結露に対するご意見はほとんどありませんが可能性はあります。
二重ガラス??
当社のカメラではそのような機能はありません。
そのほか結露に関する対策は特に講じていません」


もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

八方塞がり・・・・・・。

こうなったら一か八かソニーを買ってやる!
最新機種はTX30。

だが、これも予算オーバー。
ダメモトで買うのでなんとか1万5000円までに抑えたい。

ソニーの場合は最新だろうが、旧式だろうが、
結露対策は特にしていない。
だったらお買い得な旧式を探せばいい。
一つ前の機種はTX20。

これなら予算内だ。
ヤフオクにて格安展示品を購入。

↓    ↓    ↓

ソニー防水デジカメTX20のヤフオクはこちら


P1040578.JPG

手にしたところその小ささにびっくり。

P1040576.JPG

これで防水なのか!?

早速北関東の某渓流にて試してきた。
今回は実力をみるため、あえてシリカゲル袋には入れないで持参。
さて、結果は?

目


目


目




A.jpg


B.jpg


C.jpg


ほぼ結露なし!

100%とは言えないが、
95%くらいはOK。

パナソニックFT1は90%結露してたから、
文句なしの合格だ。

ソニー万歳。

↓   ↓   ↓

★ソニー防水デジカメTX20の最安値はこちら★
posted by zenta at 12:42 | Comment(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

ラムダッシュ5枚刃VSシリーズ7 最強電気シャーバー比較!

やっぱり3枚刃のラムダッシュでいいかも!?

前回のパナソニック・ラムダッシュ3枚刃とブラウン・シリーズ7の対決は、僅差でシリーズ7が勝った。
比較表2.jpg
↑ブラウンは「プロソニック」ではなくて「シリーズ7」でした。
訂正します。

しかしラムダッシュ3枚刃は6年間酷使し続けたもの。
それならば最新ラムダッシュの5枚刃ならばものすごい深剃り&早剃りを実感できるはず。

ブラウンには申し訳ないがシリーズ7 760cc−6は全額返金キャンペーンを利用し、お返しすることにした。

P1040227.jpg

方法は簡単。
購入後2週間以内などの諸条件があるものの、作業は上画像のパンフレット記入欄に必要事項を書き込み、それを製品と一緒に送るだけ。
後日代金が普通為替で郵送されてくる。

送料は自己負担だがこの太っ腹なキャンペーンを利用するためなら仕方がない。
宅配便なら約1000円だが今回は「はこBOON」↓
https://www.takuhai.jp/hacoboon/hb166
を使ったので580円だった。

さて、返金まではおよそ1カ月だという。
そこまで待っていては剛毛の私のヒゲは閻魔大王のようになってしまう。

仕方がないので嫁にお金を借りて、
先週ブラウンを買ったばかりのヤマダ電機へ向かった。

狙いはラムダッシュES−LV72に決定済み。

↓    ↓    ↓

ラムダッシュES−LV72の現在の最安値はコチラ
exclamation
 

それでは自動洗浄装置が付かない。
剛毛なので電気シャーバーは毎日掃除が必要。
そして朝の忙しい時間に手洗いはしたくない私としてはNGだ。

ヤマダ電機に入店し、一目散にラムダッシュLV72へ向かうと、
驚愕の事実が。

お値段が
2万2800円
なのだ[がく〜(落胆した顔)]

ライバル機のブラウン760cc−6は1万9800円で、
価格.comの値段を引き合いに1万7800円にしてもらった。

同価格.jpg

若干のハードルの高さを感じつつ、チャレンジ開始。


「あの〜、このLV72が欲しいんですけど」

店員
「はい、今なら在庫がありますよ」


「よかったぁ〜。ところで値段を価格.comと同じにして欲しいんですが・・・」

店員
「・・・。できる商品とできない商品があるんですよね〜。
いくらでした?」


1万7800円です[exclamation×2]
先週ブラウンはこの値段にしてもらいました」

店員
「ちょっと待っててください」

3分後。

店員
「やっぱり同じ値段は無理ですねぇ」


「いくらにならなりますか?」

店員
「端数を切って
2万2000円
です![パンチ]

[もうやだ〜(悲しい顔)][もうやだ〜(悲しい顔)][もうやだ〜(悲しい顔)][もうやだ〜(悲しい顔)][もうやだ〜(悲しい顔)]

大至急帰宅し、価格.comから注文することにした。
すると・・・。

スライド2.jpg

なんと先週より2000円も値段が下がっていたのだ。
ヤマダ電機と比べると
6000円もお得[ぴかぴか(新しい)][キスマーク][ひらめき]

しかも即ダウンロード可能なクーポン利用でさらに300円引きになるという。
保証.jpg

満面の笑みでクリックを繰り返し購入。
翌々日に届いた。
ラムダッシュES−LV72の現在の最安値はコチラexclamation

P1040262.jpg

第一印象
デカい・・[がく〜(落胆した顔)]

とにかく5枚刃内蔵のヘッドがデカい。
これで本当に鼻の下など細かい場所が剃れるのか?

P1040261.jpg

P1040269.jpg
左ES8237 右LV72

とはいえ持った印象は3枚刃のES8237とそれほど違いはなく、
P1040268.jpg

むしろ質量はブラウンの760cc−6の210gよりも軽い195gだった。

それに自動洗浄機に関しては前使用のES8237よりもかなりコンパクトになっていた。

P1040266.jpg
左ES8237 右LV72

P1040267.jpg
同上

自動洗浄装置は、なにかと散らかりやすい洗面化粧台に置く。
小さければ小さいほどいい。

さらにうれしい誤算が。
毎月買うことになる洗浄カートリッジが、

↓   ↓   ↓

ラムダッシュ専用洗浄剤の現在の最安値はコチラexclamation


このシリーズから洗浄液に変わり、
かなりお安くなったのだ。

↓   ↓   ↓

ES-LV92・82・72用洗浄剤の現在の最安値はコチラ exclamation


これによって外刃・内刃を含めた3年間のランニングは下記のようになる。

ブラウン シリーズ7 760cc−6・・・3万1000円
パナソニック ラムダッシュ ES8237・・・2万7700円
パナソニック ラムダッシュ LV72・・・2万2600円

これは大きなアドバンテージだ。

では肝心の剃り味を見てみよう。

前回と同様に顔の左半分をラムダッシュES8237、
右半分をラムダッシュLV72で剃った。
時間はそれぞれ1分30秒。

さて、その結果は??

[目][目][目][目][目]



8237 (2).JPG
ES8237


72.JPG
LV72


前回のブラウン 760cc−6の記憶も含めて比較する。

1.深剃り(鼻の下)
760cc−6の勝利。
LV72はES8237を上回ったものの、
760cc−6のようにツルツルを通り越したモチモチにはならなかった。

2.剃り残しナシ(エラの下&のど仏周辺)
エラの下はLV72と760cc−6が同等。
ES8237は若干下回る。
とはいえ全機種粒々感は残った。

のど仏周辺も全機種粒々感が残った。
その中ではLV72の勝利
ほかよりあきらかに剃り残しが少なかった。

P1040278.JPG
画面左側がLV72、右側がES8237。
あきらかにLV72の勝ち。

3.早剃り
ES8237の勝利
6年前購入とはいえマメに外刃・内刃は交換していた。
そのため切れ味は最新機種と比べても遜色ない。
やはりコンパクトな3枚刃が功を奏したようで鼻やエラの下をバリバリ剃っていく。

一方で760cc−6はそもそもゆっくりめに動かすことで深剃りが実現できるように設計されている。メーカーのいう通りワンストロークでの深剃りは立派だが、早剃りは得意とはいえない。
http://www.braun.com/jp/male-grooming/series-shavers/series-7/series-7-models.html

LV72はやはり大きなヘッドが気になる。
印象的には「剃っている」というより、タオルなどで「こすっている」感じ。
大きい分だけワンストロークの剃り量は多いように感じるが、
エラの下など「ここ届いているのかな?」と何度もやり直してしまう。
慣れの問題かもしれないが・・・。

4.肌へのやさしさ
これは760cc−6に軍配。
網刃の動きは柔軟。
肌に吸い付くように剃り上げる。

LV72は適当に剃る分には問題ないが、
「絶対に残さないぞ!」と気合を入れると、
ヘッドは大きいゆえにのど仏の周りなどを押しつけてしまい、かなりヒリヒリした。

ES8237は可もなく不可もなく。

5.ランニングコスト(3年間)
頭一つ突き抜けてLV72の勝ち。
ブラウン シリーズ7 760cc−6・・・3万1000円
パナソニック ラムダッシュ ES8237・・・2万7700円
パナソニック ラムダッシュ LV72・・・2万2600円

まとめるとこちら↓になります。

比較表1.jpg

2013年最強電気シェーバーは
ラムダッシュLV72
に決定!

勝因はすべての項目において欠点がないところ。
なんてったって、ランニングコストが安いところがいい。

しかし肝心の剃り味、上3項目を見てほしい。
どれもほとんど変わらないのだ。
私個人としてもっともこだわる深剃りに関してはブラウンの方がいい。
もし最初からこの結果を知っていたら返品しなかったかもしれない。

↓   ↓   ↓
さらに注目は3枚刃であるラムダッシュES8237の高性能ぶりだ。
今回は強いて差をつける採点にしたが、
この性能でもほとんど不満がないというのが正直なところ。
現在価格.comで一番人気が3枚刃のST25だということにもうなずける。

↓   ↓   ↓

同機種には自動洗浄機が付かない。
欲しいならLT70という選択がある。

↓   ↓   ↓

ということで電気シェーバーの選び方を総括すると以下のようになります。

・ ヒゲが濃い&スピード重視&掃除したくない
パナソニック ラムダッシュ LV72


・ ヒゲが濃い&肌が弱い&掃除したくない
ブラウン シリーズ7 760cc−6

・ ヒゲの濃さは普通以下&スピード重視&掃除したくない
パナソニック ラムダッシュ LT70

・ ヒゲの濃さは普通以下&スピード重視&掃除は自分でする
パナソニック ラムダッシュ ST25


おわり

2014年最新電気シェーバー比較はこちら!↓ (ラムダッシュよりも深剃り機種発見!)
http://kaden.iehikaku.com/article/387685789.html







最新! 電気シェーバー売れ筋ランキングはコチラexclamation
posted by zenta at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 電気シェーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

最強深剃り・早剃り電気シェーバーはコレだ!

やはりパナソニックVSブラウンの対決に!

私は仲間内から

”シェーバー前太”
と呼ばれている。

なぜなら家電ライターとして電気シェーバーの記事ばかり書いているからだ。


雑誌.jpg

そんな私の愛機が壊れた。



P1040229.jpg

パナソニック ラムダッシュES−8237。

取材でたびたび電気シェーバーを試す機会があるが、
同じラムダッシュかブラウンのシリーズ7以外敵なし[パンチ]
深剃り・早剃りともに申し分ない。
購入時の記事↓
http://kaden-zenta.seesaa.net/article/370113985.html?1374799918

だから買いかえる気はまったくなかった。
ところがどっこい自動洗浄機が機能しなくなってしまった。
洗浄液が循環せず、ヘッドを乾かしてくれないのだ。
本体は元気なのに……[もうやだ〜(悲しい顔)]

とはいえこれは最新機種を買うチャンス。
約6年間ご苦労様[手(パー)]
ということでさっそく価格.comで下調べを開始した。

下調べといっても性能面ではなく価格のみ。
性能は過去の取材経験から、
パナソニックラムダッシュとブラウンシリーズ7が、
ダントツということは分かっている。
それ以外のメーカーは私の剛毛に対応できないのだ。

狙うは両メーカートップシリーズ内の自動洗浄機付きでもっとも低価格な機種。
トップシリーズの中には3・4種類あるが、
外刃・内刃はまったく同じ。
つまり剃り味は変わらない。

しかしメーカーとしてはどうしても価格差を付けたいようで、
・自動洗浄機の有無だの、
・持ち運び用のケースの仕様だの、
・充電の残量表示の細かさだの、
で差別化を図っている。

だが電気シェーバーの存在価値は
剃り味[exclamation×2]
余計なものに払うお金はない。

とはいえ面倒くさがりでヒゲが濃くて掃除が大変な私としては、
自動洗浄機は必須というワケだ。

両メーカートップシリーズ内の自動洗浄機付きでもっとも低価格な機種は、

・パナソニック ラムダッシュES−LV72

↓   ↓   ↓          
   
ラムダッシュES-LV72の現在の最安値はコチラexclamation


・ブラウン シリーズ7 760cc−6

↓    ↓    ↓


ブラウン760CC-6の現在の最安値はコチラexclamation


さてそのお値段は[exclamation&question]

[目][目][目][目][目]



同価格.jpg

ほぼ同じ。

雑誌やネットの比較コメントを見ると
「ブラウンはランニングコストが高いのでNG」
といった評価がよくある。

確かに毎月取り替える洗浄液は
パナソニックよりブラウンの方が高い。

↓   ↓   ↓

ラムダッシュ専用洗浄剤の現在の最安値はコチラexclamation



だが替刃はブラウンの方が安い。
交換時期が、
パナソニック ラムダッシュ外刃1年・内刃2年
に対し、
ブラウン シリーズ7外刃・内刃同時に1年半
だからだ。

3年間のランニングコストを計算してみると、
パナソニック ラムダッシュ 2万7700円
ブラウン シリーズ7 3万1000円
だった。
その差約3000円。
ということは1年で1000円。

う〜〜〜ん[ふらふら][ふらふら][ふらふら]

ならばブラウンにしよう。
なぜなら以前雑誌で検証したときに、
ブラウンの方が若干剃り残しが少なかったからだ。
本当にほんのちょっとの差だったけど。

そこでさっそく近所のヤマダへダッシュ。
すると値札は1万9800円(ポイントなし)
だった。

そこで店員を見つけ、いつものように
「この760cc−6を価格.comと同じ1万7800円にしてください!」
とお願いした。

3分後に価格.comと同価格でゲット。
5分で帰宅し箱を開ける。

P1040231.jpg

なかなか剛性感のある高い質感。
今まで使用していたラムダッシュES8237の質量が170gに対し、
こちらは210gと明らかに重いが気になるほどではない。

充電をする間に
取説などを読もうと箱をのぞくとこんなパンフレットが。
P1040227.jpg

なんと剃り味が気に入らなければ全額返金してくれるというのだ。
なんという自信[手(グー)]
なんという太っ腹[手(チョキ)]

さて待つこと2時間程度。
満を持して初剃りに挑んだ。

せっかくだから前電気シェーバーのES8237にも登場してもらい、
顔半分ずつを剃ることにした。
時間はそれぞれ1分30秒の合計3分。
これは忙しい朝のヒゲ剃り時間は3分と決めているからだ。

760cc−6はヒゲの濃さに応じでパワーを強・中・弱に設定できる。
今回は剛毛に対応するため「強」にした。

ちなみに当日のヒゲ状態はこんな感じ。
ビフォー.JPG

見苦しくてすいません[ふらふら][ふらふら][ふらふら]
でも臨場感がある方がいいでしょ?

評価基準は、
1.深剃り
2.剃り残しナシ
3.早剃り
4.肌へのやさしさ
とした。

特に深剃りに関して鼻の下、
剃り残しに関してエラと喉仏の周りに注目したい。
さてその結果は??

[がく〜(落胆した顔)]


[ふらふら]


[目]


[犬]

コレだ!

ラムダッシュES8237↓
8237.jpg

シリーズ7 760cc−6↓
ブラウン.jpg

お見苦しいので画像を小さくしたが、
見にくいかな?

まず画像には残さなかったが
鼻の下はシリーズ7 760cc−6の勝ち。
ラムダッシュES8237でもツルツルで申し分ないが、
760cc−6はツルツルを通り越してモチモチになった。
本当に毛穴が分からない。

続いてエラの下もシリーズ7 760cc−6の勝ち。
画像を見れば分かるように若干760cc−6の方が粒々感が少ない。
ただしツルツルとまでは行かなかった。

次に喉仏は同点。
両者とも若干の粒々感が残った。

早剃りに関してはラムダッシュの方が得意だ。
ワンストロークでバリバリ剃っていく。
ただしある程度剃ってからの深剃りでプロソニックに軍配が上がる。

肌へのやさしさはシリーズ7の勝ち。
ラムダッシュよりも外刃が柔軟に上下し、
まさに吸い付くように剃り上げる。
P1040238.jpg

最後にランニングコストも加えて総合評価をした結果はこちらだ↓


比較表2.jpg

あれ!?
ほとんど変わらない??

そうなのです。
あえてそれぞれの項目に差をつけましたが、
その差は極小。
ラムダッシュは6年前の機種にも関わらず大健闘なのです。

実はこの結果は以前雑誌で検証したときから予想できていました。
もう、かれこれ5・6回
「ラムダッシュの3枚刃で十分!」
と書いてきたのですから。

強いてユーザーを選ぶとすれば
ラムダッシュ・・・ヒゲの濃さは普通以下。肌の強さは普通以上。とにかく早く剃りたい人
シリーズ7・・・ヒゲが濃い。肌は弱め。スピードを重視しない人

でも最後に検証したのはラムダッシュが4枚刃だったとき。

「最新5枚刃なら圧倒的にシリーズ7より上かも!?」

ラムダッシュES−LV72の購入を決意するのであった。

こちらにつづく↓
http://kaden.iehikaku.com/article/370114035.html






★最新! 電気シェーバー売り筋ランキングはコチラ★
posted by zenta at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 電気シェーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●

効果的な通貨ペア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。